革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

PRのチェック

オールドドメインのページランクのチェックについて

アフィリエイトなどのSEO対策として利用する事で集客を行う事が出来るのがサテライトサイトと呼ばれる衛星サイトですが、衛星サイトには被リンクと言う他のウェブサイトからのリンクの対策が必要とされます。

SEO対策は検索エンジン最適化の事であり、検索結果ページ上で上位に表示させることが目的なのですが、アフィリエイトなどを行っている人の多くは、サテライトサイトを利用してSEO対策を行い、本サイトに集客を行うと言う方法でウェブサイトを構築しているケースが多くあり、この時利用されているドメインにオールドドメインを利用している事が多いとされているのです。

オールドドメインには被リンクを引き継いでいると言うメリットがあるもので、従来誰かが利用をしていたドメインであり、期限が切れているドメインの事をオールドドメインと呼びます。

また、オールドドメインは中古ドメインとも呼ばれており、SEO対策における有効性を持つものとしているのです。

しかし、オールドドメインは利用していない期間が長くなることで検索エンジンからのページランクとなる評価が下がるのが特徴で、一般的には利用期間が長く無いドメインを使う事が良いとされているのです。

しかしながら、オールドドメインには過去のウェブサイトでどのような目的で利用していたのかを調査しておく必要が有ります。

被リンクと言うのは、他のウェブサイトから自らのウェブサイトに張られているリンクで、他のウェブサイトに訪れたユーザーがリンクを見て興味を抱くことでリンクの可能性を高め、集客力をつけてくれるのです。

そのため、自らのウェブサイトと被リンク元のウェブサイトが類似しているものが最適とされるのです。

また、検索エンジンはウェブサイトにそれぞれページランクと呼ばれる評価を付けていますので、ページランクが高いドメインほど有効とされるのです。

尚、ページランクと言うのはオールドドメインを利用する前にチェックする事が可能になっているのが特徴です。

また、被リンク数のチェックや以前のウェブサイトのタイトルなどのチェックも可能になっており、これから立ち上げるウェブサイトに有利なドメインを選べるようになっているのです。
尚、オールドドメインの中にはSEOスパムとして利用されていたドメインも有ると言います。
これはブラックハットSEOと呼ばれるもので、ペナルティが課せられてしまう物であることからも注意が必要なのです。