革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

オールドドメインの効果

オールドドメインの効果と中古ならではの利点について

オールドドメインは、中古ドメインとも呼ばれているドメインです

中古と言う事からも古いドメイン、一度は利用されていたドメインと言うイメージを持つ人も多いものですが、オールドドメインは使わなくなったドメインであり、利用期限が切れているのです。

オールドドメインには、過去に利用されていたウェブサイトの情報を入手する事が可能になっており、これから立ち上げようとしているウェブサイトに類似しているオールドドメインを利用する事でSEOの効果を高めてくれるのです。

例えば、旅行に関するウェブサイトをこれから立ち上げようとしている場合は、オールドドメインのリストを利用して、サイトで旅行に関するものを探し出し、それを利用する事でSEOの効果を高める事が出来るのです。

尚、バックリンクと言うのは被リンクの事を意味しており、SEO対策では重要な部分でもあるのです。

SEO対策は、ウェブページそのものの内部対策と、他のウェブサイトから張られている被リンクの対策となる外部対策の両方が必要になるのですが、外部対策はSEO対策の中でも重要視される部分となるのです。

SEO対策は検索エンジン最適化と言う意味になるもので、検索結果のページ上で上位表示を目的として行う対策です。

検索エンジンはインターネットの中に在るウェブサイトやウェブページを巡回しながら、更新情報やページの評価をしていくのです。

検索エンジンは、ウェブページを記述してあるHTMLを読み込みチェックをしていくのですが、被リンクについてはリンクを辿りチェックをしていくことも有ります。

被リンクの数が多くあるほど、SEO対策での効果は高くなると言う事なのです。

新規にウェブサイトを立ち上げる時など、新しいドメインを取得して立ち上げる場合は、被リンクは自らがSEO対策を講じて行く必要が有りますが、オールドドメインにはバックリンクが引き継がれた状態で利用する事が出来ますので、被リンクの対策を軽減させることも出来ると言う事なのです。

中古という観点からも、古い状態のオールドドメインでも、期限が切れているだけでドメインとしての利用価値は高いのです。

但し、利用しない期間は長くなることで、ページの評価でもあるページランクは下がることになりますので、オールドドメインを利用する場合にはドメインの年齢となるドメインエイジを比較していくことや、被リンクの数などを調べる事、そして過去の利用がどのようなもので有るのかなどを調べたおく必要があるのです。