革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

注文住宅の建て方

厚木県で注文住宅の建て方を考える

厚木県の中で注文住宅を建てる人は沢山います。関東地方は地震が多いため注文住宅を建てる人の関心ごとに家の建て方があります。注文住宅を建てる場合、建て方は多数あります。

一般的な建て方は木造住宅です。木造住宅とは昔ながらの工法です。日本は島国です。厚木県も海に隣接してます。一年中湿気があるため木を使う木造建築が古くから主流として存在します。湿気の多い夏場は気が湿気を吸い込み逆に冬場になると乾燥するため湿気を吐き出します。

そうやって日本の気候に木造住宅が馴染みました。次に鉄筋の注文住宅です。鉄とコンクリートはお互い相性が合っています。引張られることや曲げに弱いコンクリートを引張られても曲げられても強い鉄筋がカバーします。そして押すなどの圧力に強いコンクリートが鉄筋の弱点を補います。高度経済成長の時代に高層の建物が沢山建てられました。鉄筋コンクリートのビルが厚木県内にも多数存在します。地震や耐久性を考えて注文住宅にも鉄筋コンクリート造りのものが沢山あります。

木造と鉄筋コンクリートの家を比べると両方メリット、デメリットがあります。費用で考えると木造のほうが鉄筋コンクリートに比べて安く出来ます。また鉄筋コンクリートの場合は柱ではなく壁で建物をさせているため将来的に壁を壊してリフォームして部屋を大きくすることが出来ません。逆に木造住宅は柱で支えているため構造上に問題がない壁なら壊すことが出来ます。壁を壊すことで部屋に開放感を与えることが出来るため一つの部屋を大きくゆったり使うことが出来ます。次に鉄筋コンクリートのメリットは耐久性です。法定耐用年数は木造で20年数年、鉄筋コンクリートなら50年です。

構造的に強いのは鉄筋コンクリートと言うことがわかります。ただ値段はその分高くなります。そして2つ以外に有る工法がプレハブ工法です。元々建物をパーツで考え工場で作ります。部品ごとに分けたパーツを現場に運び組み立てます。現場では組み立てるだけですので工期は少なくて済みます。このように日本では様々な住宅の建て方があります。自分自信の予算、家族構成、夢などを検討した上で自分自身にあった理想の家を建てることがベストです。

注文住宅の建て方に競争は必要ありません。隣の家と比べる必要はないのです。自分自身が納得して建てることで自分の家に愛着が湧きます。長い期間住む家なので家を建てるときは慎重に検討しましょう。”